クルミトのリケログ

理系大学院生のブログ。就活、英語、プログラミングについて発信します。

日本人はなぜ英語の発音が苦手なのか?3つの原因を論理的に解説

f:id:kuru_mito:20190222202533j:plain

こんにちは、理系女子のクルミトです。

「日本人は英語の発音が下手だ」とよく言われますが、なぜ下手なのかは知られていませんよね。

発音が上手くなるコツが紹介されているブログも多いですが、そもそもの原因が語られているものは少ないです。

そこで今回は日本人がなぜ英語の発音が苦手なのか、その理由を10年間発音を独学で勉強してきた私が解説してみようと思います。



英語には子音のみの発音がある

まず、日本語と英語の最も大きな違いが「子音」です。

アリという意味の「ant」を「アント」と発音してしまう原因は、日本語と英語の「子音」の扱い方にあるのです。


まずは日本語の場合、“ん”以外の全ての発音は全て以下の構成になっています。

母音のみ または 子音+母音

「母音」は「あ」「い」「う」「え」「お」の5つで、ローマ字で書くと「a」「i」「u」「e」「o」となります。

「子音+母音」は「か」「し」「つ」などで、ローマ字で書くと「ka」「si」「tu」となります。

このように、“ん”を除いた日本語の全てが子音の後ろに必ず母音が付きます


それに対して、英語の発音は以下の構成になっています。

母音のみ または 母音+子音 または 子音のみ

この中で日本語と異なるのが、子音のみの発音です。

皆さんは「k」これがどんな発音になるかわかりますか?

どう発音していいか困ってしまいますよね。

ちなみに「く」ではありませんよ。「ku」とは違いますから。

では「s」「t」はどうでしょうか?

「su」「tu」と読みたくなってしまいませんか?


日本人は「子音のみ」の発音に慣れていないため、子音の後ろに勝手に母音をつけてしまうことが多いです。

これによって、英語の「ant」を「アント(anto)」と読んでしまうなど、本来の発音と異なる読み方をしてしまうのです。


発音記号でなくカタカナで覚える習慣

次は、日本人が英語の発音記号でなくカタカナで発音を覚えてしまう問題です。

まず発音記号とは、英単語を調べた時に出てくる【ǽpl】こんな感じの記号です。

この発音記号1つ1つに決まった発音方法があり、それに従って発音すれば100%正しく発音できます

これを覚えれば辞書の音声発音機能が必要無くなり便利なのですが、日本では発音記号を覚える習慣があまりないですよね。

これには、日本人のカタカナの習慣が起因しているのです。


日本語には外来語を表現するためのカタカナが用意されており、幼い頃から「スプーン」「テーブル」「コート」などのカタカナ英語に慣れ親しんできました。

カタカナ英語はネイティブの発音とはかけ離れていますが、日本人には「カタカナ英語=英語」という意識が根付いています

さらに、初学者のうちに「apple」「yellow」などカタカナ英語にもあるような単語を習いますから、「apple」の上に「アップル」と読み仮名を書いてしまうのは当然のことですよね。

そもそも学校で発音記号は教わらないし、カタカナで表現できる言葉の発音記号をわざわざ覚えようとは思いませんから。

しかし、こうした初学者の頃の習慣がその後の英語学習にも影響を及ぼし、結果的に発音記号を覚えないままになってしまいます。


リンキングなどの発音の変化に弱い

英語と日本語の違いの1つが「リンキング」などの発音の変化です。

英語は単語単体での発音と、文章中における発音が異なる場合があります。

単語ごとの発音はわかっているのに、リスニングの会話問題になると何を言っているのかわからなくなるのはこれが原因です。

まずリンキングとは、

英語の文章を読む際に単語の末尾の音と次の単語の最初の音が繋がって違う音になる現象

のことを言います。

例えば、「Good afternoon.」と言うとき、goodの末尾のdとafternoonの最初のaが繋がり「グダフタヌーン」のようになります。

なぜこんなことが起こるかというと、先ほども言ったように英語には子音のみの発音があるからです。

子音は次の音と繋がりやすい特徴があるのですが、日本語の場合は子音の後には必ず母音が続きますから、発音が変化することはありません。

しかし、英語の場合は子音で終わる単語があるため、次の単語の最初が母音だった場合は繋がってしまうのです。

このような発音変化は日本人には馴染みがないため単語同士を区切って発音してしまい、結果的に流暢さのない話し方になってしまうのです。

リンキングの他にもリダクション、フラッピングなどの発音変化があるので、興味がある方は調べてみてください。


まとめ

今回は日本人が英語の発音が苦手な理由を解説しました。

日本人が発音が苦手になってしまうのは、このような確固たる原因があったからなんですね。

しかし、原因がわかれば解決方法を考えることができます。

今後は発音の改善方法なども紹介していこうと思っていますので、このような原因を理解した上で参考にして頂けたらと思います。