クルミトのリケログ

理系大学院生のブログ。就活、英語、プログラミングについて発信します。

海外インターンは本当に就活に有利なのか

f:id:kuru_mito:20190223222704j:plain


近年インターンシップが増加傾向にありますが、海外インターンは開催数が少なくネット上でも情報を得にくい状態です。

おそらく学生さんが最も気になるのは「海外インターンは本当に就職に有利なのか」だと思います。

私は修士1年時に実際に海外インターンに参加しましたが、結論から言うと

【海外インターンは就活に有利である】

と思います。

私の実体験から、海外インターンがどのように就活に影響するかをまとめていきます。



海外インターンで得られたもの

まずは、私が海外インターンに行って得られたものを紹介しようと思います。


  • 英語を使って働くことの楽しさを知れた
  • 役職持ちの社員さんたちと話す機会が多く勉強になった
  • 優秀な学生が多く刺激的で、帰国後は就活の情報交換ができた
  • 英語力、特にプレゼン・スピーチ能力が上がった


海外インターンに行って最も良かったことは英語を使って働くことの楽しさを知れたことです。

他国籍の社員と同じ目標を目指して働く経験は非常に刺激的で、目標を達成できた時の喜びもひとしおでした。


そして、海外から参加する学生が珍しいためか、役員などのお偉いさんと接触する機会が多く社会に出る上でのアドバイスも頂くことができました。


さらに、参加者が一流大学の優秀な学生ばかりだったので刺激をもらえました。(私はTOEICの点数、学歴共に最低レベルだったので余計に)

彼らは就活に対する意識も高かったので、帰国後も情報共有をし続けて一緒に就活対策をしていました


選考でどのようにアピールしたか

ES編

実は私、ESにはほとんど海外インターンについて書きませんでした

「海外インターンに参加するなど、・・・」と参加した事実を書いただけで、内容についてはほとんど触れていません。


というのも、「海外インターン」という7文字を入れるだけで、人事は十分食いついてくれるからです。

これほど文字数のコスパが良い最強のパワーワードはないと思います。


面接編

ESでは海外インターンにはあまり触れませんでしたが、面接ではほぼ毎回「海外インターンについて詳しく聞かせてください」と深掘りしてもらえていました


深掘りされた時にはインターン内容や成果に加えて、しっかりと英語を使った事実をアピールしました。

「私は〇〇という企業のインターンに参加し、〜〜というミッションに取り組みました。現地社員に教わりながらチームで試行錯誤し、最終的に・・・という成果を出しました。また、社員とは常に英語でコミュニケーションを取り、成果発表も英語で行いました。」

という感じで話していたと思います。


人事の反応は?

面接や面談で海外インターンの話をした時の人事の反応はこんな感じでした。

  • 理系でグローバル志向の高い学生は貴重
  • 海外勤務を嫌がる人は多いのでありがたい
  • ちょうど海外進出に挑戦しているので英語力がある人が欲しい


最も多かったのは、やはり英語力やグローバル志向を評価する反応です。

海外インターンへの参加経験はビジネスの場で英語を実用できることの証明になりますから、TOEICの点数をアピールするよりもはるかに好感触でした。


また、英語力を高く評価してくれるのは外資系企業やグローバル企業だけという印象がありましたが、実際はそうでもありませんでした。

今後海外進出を考えている、または特定の分野では海外に進出している、といった企業でもウケがよかったです。


さらに、他の学生とは違うものを持っている、と人事に印象づけることができたのも大きかったと思います。

海外インターンに参加する学生は稀であるため、人事から「珍しいね」と言われたり、「クルミトさんって海外にインターンに行ってたって本当?!」と興味津々に話しかけられたりしました。


以上を踏まえた海外インターンのメリット

最後に、就活における海外インターンのメリットをまとめたいと思います。

モチベーション

  • 英語を使って仕事をしている社員を見て刺激を受ける
  • 優秀な学生と繋がり、就活の情報交換ができる

英語関係

  • 自分の英語力をビジネスの場で試せる
  • 英会話スキルが上達する
  • 英語プレゼン・スピーチを経験できる

就活本番

  • ESや面接で印象に残りやすい
  • 他の学生と差別化できる
  • 実用的な英語スキルが身についていることをアピールできる
  • グローバル志向をアピールできる
  • 行動力をアピールできる


このように、海外インターンに参加するメリットは非常に多いです。

実際、一緒に海外インターンに参加した学生は全員、かなり高倍率の人気企業から内定をもらっていました。

英語が得意な学生なら絶対に参加すべきだと思います。


まとめ

今回の記事を一言で表すと、

海外インターンは就活に有利!挑戦すべき!!

です。


私自身就活で成功できたのは海外インターンの存在が大きいです。

みなさんも勇気を出して、ぜひ海外インターンに挑戦してみてください。